気まぐれ猫と、気まぐれな・・・

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち・ドジョウたち」です。富山県産・福岡在住の主婦が、我が家の猫のこと、趣味のこと、 その他日々のよしなしごとを、とにかく気の赴くまま気まぐれに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[福岡県]宮地嶽神社

6月30日、織幡神社、宗像大社に行って、
その後は暑さにバテバテとなり帰路につく予定だったのですが。

そんなときに限って目に留まる看板。
「宮地嶽神社 ⇒ ○キロ」

宮地嶽神社・・・以前いつも見ているブロガーさんが
日記で書いておられた神社で、
「へぇ~、福岡にそんな神社があるんだ~」と
かなり興味を持っていたところです。

というわけで、急きょ寄り道決定!
P1060272 (400x267)
これまた大きな鳥居です。

P1060273 (400x267)
鳥居をくぐると参道沿いにはお店が並んでいました!
太宰府の規模には及ばないものの似た雰囲気です。
到着したのが夕方だったので殆どのお店はシャッター下りていましたが。
あと「松が枝餅」のお店が何軒かありました。
太宰府は「梅が枝餅」が有名ですが・・・
参拝帰りに1つ買って食べてみましたが、個人的には梅が枝餅の方が好きです^^;

P1060274 (400x267)
てぬぐい屋さんを発見!
猫のタオルハンカチ×1、猫の手ぬぐい×2をお買い上げ。
かなり真剣に品定めしていたら、店のオジサマが気を利かせて
暗くしていた照明をつけてくださいました^^

P1060275 (400x267)
さて、次の鳥居にやってまりました。
ここからが大変です。

P1060276 (267x400)
結構長い階段が続きます。

P1060277 (400x267)
階段を上ったところに神馬が。
風を切って走っている感じが素敵ですね。

P1060278 (400x267)
そしてまだ続く階段w

P1060281 (267x400)
こちらは六百俵の碑。
徳川の時代、飢饉に見舞われた際もこの宮地村の農民たちは
元々の土地が砂地だったにも関わらず
水路を整理し必死に働いて年貢を納め、藩主は他の村の模範として
この村を表彰したそうです。その功績をたたえた石碑とのこと。

P1060283 (400x267)
緑を背景にたたずむ狛犬様!

P1060284 (400x267)
目がゴールドなんでしょうか。凛々しいようにも、
豪快に笑っているようにも見えるお顔です。

P1060285 (400x267)
吽形の狛犬様。やっぱり目がゴールドw
かっこえぇー。でも夜中キラーンって光ってたらちょっとビビる。

P1060287 (400x267)
さぁ、どんどん進みましょう。

P1060289 (400x267)
おっと。
神馬がいたのですが・・・これは、一瞬本物の馬かと
錯覚するくらいの自然な姿です。草を食んでおられます。
一瞬にしてここが神社ということを忘れ、
周囲に草原が見えそうなくらいです。
なんだかこの神馬のナチュラルさが尋常ではなくて、
強烈に印象に残りました。(撮った写真もやたら多かったw)

P1060291 (267x400)
ここは大きな木の前に小さな鳥居が。
ご神木というわけではなさそうでしたがなんだったんだろ?

P1060292 (267x400)
しっかりと囲いがされた大きな松の木。
こちらがご神木でしょうか?しめ縄が無いけど、松ヶ枝餅とかあるくらいだし、
やっぱりこれがご神木なのかなぁ??

P1060297 (400x267)
そして狛犬様。
P1060298 (400x267)
狛犬様。

P1060299 (400x267)
今度は牛です。この座った格好といい、撫でられてツヤツヤに
なっているところといい、太宰府の撫で牛そのものです。

P1060300 (400x267)
またもや神馬w

P1060302 (400x267)
葉っぱの下には狛犬様w
P1060303 (400x267)

なんかもぅ・・・阿蘇にでも来たんじゃないかって気がしてきました。

拝殿が近づいてきたところで、
ダメ押しの狛犬様w
P1060307 (400x267)
ここまで何対の狛犬様がおられたんでしょうか??
P1060309 (267x400)

P1060305 (400x267)
さぁ、神門が見えてきましたが・・・ちょっとwww
奥になんだか、神社好きの血が騒ぐ物が見えています!!!

P1060310 (400x267)
神門をくぐると・・・

P1060311 (400x267)
拝殿の注連縄!!!
何このサイズ!!ΣΣ(゚д゚lll)
奥に歩いている人と大きさ比べてみてください!!
注連縄といえば出雲大社が有名ですが、
ここ宮地嶽神社の注連縄は日本一だとか。

アレ、出雲大社が日本一じゃないの??

まぁ注連縄って言っても長さ、太さ、重さ、いろんな基準がありますもんね。
同じくらいってことかw

P1060315 (400x267)
こちらは季節の縁起物、七夕にちなんだものですね。

P1060319 (400x267)
さて、ぐるりと横に回って本殿・・・
屋根が金色です。千木も鰹木も金ピカピカチュウ。

・・・思わず意味不明な寒いことを口走ってしまいました。
さて、宮地嶽神社はここで終わらない!
奥の宮八社というのがあります。
せっかくなので参道を進もうとしますが・・・

P1060321 (400x267)
え”・・・
杖が必要なくらいの道なんでしょうか?

暑さでバテバテのかしみや、かなり怯みましたが
せっかくなので!!

GO!!

P1060323 (400x267)
うっそうとした木々の中、奥へ奥へと続いていく道を
照らし出す行燈。

P1060328 (267x400)
頑張るっす!

P1060332 (400x267)
分かれ道に鳥居が並んでいます。
2色の鳥居が並んでいるのも珍しい光景な気がします。

二番社 稲荷神社の狛狐様たち。
P1060333 (400x267)
可愛い^^
稲荷神社

こちらは八番社 薬師神社
P1060336 (400x267)

P1060337 (400x267)
近くにメダカの睡蓮鉢があって見入ってしまいました。

P1060339 (400x267)
鶴がいたのは確か 三番社 三宝荒神
P1060340 (400x267)

えーと、こっちは・・・
P1060341 (400x267)
水神社。
P1060343 (400x267)

こちらはちょっと面白いですよ~。
P1060344 (400x267)
恋の宮は淡島神社と濡髪大明神の2神が祀ってあります。
P1060345 (400x267)
濡髪大明神の方は・・・“神名の濡れ髪の「濡れる」とは男女の仲が想い通じ合うこと”
ですって。イヤン

P1060346 (400x267)
こちらは子供たちの守り神、万地蔵尊。

P1060348 (400x267)
たぶんこれは最後の不動神社・・・もぅこれだけ日が経つと覚えてない^^;

不動神社では御朱印をいただくことができました。
001 - コピー
御礼は¥300納めて参りました。

さて、宮地嶽神社に戻って御朱印をいただいたのですが・・・
001.jpg
こちらも御礼代は¥300納めてきました。
そしたら「これから神事を行いますので、どなたでもご参加いただけるので是非参加されていってください」と言われました。

P1060358 (400x267)
こんな風に神事の準備がされていました。

P1060356 (400x267)
宮地嶽神社に参拝したこの日は6月30日・・・
初めて知ったのですが、夏越の大祓(なごしのおおはらえ)をする日だったのです。
神道では6月30日と大晦日の年2回、それまでに知らず知らずの間に身についてしまった
心身の穢れを祓い浄めて、元の正常な状態に戻るための禊を行うそうです。

ニュースで茅の輪くぐりの様子を見たことがありましたが、
あれもこの夏越の大祓。
ラッキーなことに、たまたまそこに居合わせたのです。
P1060357 (400x267)
神事が終わって退場する白装束の神職の方々。

考えてみたら神社のこういう神事を見たのって初めてです。
(お宮参りとか七五三の記憶は残ってないし・・・)

すごく貴重な体験をさせていただきました^^

そして最後に・・・
この宮地嶽神社で一番素敵な景色・・・

P1060362 (267x400)

分かりますか??

海からずっとまっすぐに参道が続いているんです。

本当に今にも海から神様が現れて、この参道をスーっと通ってこられるんじゃないかと
思える、そんな景色です。

神社めぐり、ますますハマりそうです^^


*****************
宮地嶽神社
 福岡県福津市宮司元町7-1
ご祭神 息長足比売命
 [おきながたらしひめのみこと]《
  別名:神功皇后[じんぐうこうごう] 》

*****************

これまでに巡ったところ→こちら

| 神社巡り | 22:04 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amber589coral35.blog.fc2.com/tb.php/64-366a76bc

TRACKBACK

ケノーベルからリンクのご案内(2013/08/11 09:01)

福津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

| ケノーベル エージェント | 2013/08/11 09:01 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT