うちの猫たち・ドジョウたち。

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち(ニャンズ)と職場のドジョウ」です。「ネコドジョ」or「ニャンドジョ」or「ニャンニョロ」・・・呼びやすいように呼んでやってくださいまし。富山県産福岡在住の主婦が綴る、我が家の猫のこと、水槽のこと、 その他日々のよしなしごと。
TOP育児 ≫ やはり子どもなんて嫌い。

やはり子どもなんて嫌い。

また風邪をひきました。
ジェットコースターばりの気温の変化に体がついていきません。
風邪は治りかけなのですが、鼻と耳にきています・・・(←昔から耳鼻科系統弱い)

体力的にしんどくなると、一気に精神面も崩壊する。

娘のやることなすこと、頭にきて仕方ない。

きつくても3度のご飯を用意し、オムツが濡れたら替えて、
絵本や遊びも付き合って、眠くなったら抱っこしてやって・・・

元気な時はいいんです。

でも、フラフラしながら一生懸命作ったご飯を、
毎回ぐちゃぐちゃに握りつぶして、好き嫌いして、
挙句の果てに床に投げつけられて・・・

分かってるんですよ?
これも成長の一環。
自分でやってみたい時期だし、
遊びながらも学んでるんだろうし、
好き嫌いも自主性が育っている証拠。

でも、ほとんど食べてもらえず、床に投げつけられたご飯片付けていたら、
涙が止まらなくなります。

なんで世のお母さんたちは、子どもにこんなことされても子ども大好きなんて言えるんですか?

私は自分の娘だから可愛いし、今もかろうじて耐えているけど、
でも、やっぱり子どもなんて欲しくなかったと思います。

最近は子どもがすり寄ってくるのも苦痛に感じます。
どこかに消え失せてほしいとまで考え、
実際にそうなったら生きていけないくせに!と自分に言い聞かせてそんな考えを打ち消します。

今日は主人が早く帰ってこれたので、娘の世話は丸投げし、
自分はトイレに籠りました。

私じゃないと眠れない娘、号泣して私を探していたけど、無視。

今は視界に入ってきて欲しくない、声も聴きたくない、私に触れないでほしい。
どうか私を一人にして欲しい。

それで、後で寝室に入って娘の寝顔見たときに、
「あぁ、やっぱり私はなんてダメな人間なんだろう」と自己嫌悪に陥る。

世の先輩ママさんたちに質問です。
きっとたくさん大変なことを経験されたと思うんですけど、
その大変な時の負の感情が、最終的に「子ども素晴らしい☆」って昇華されたのは
どんな時ですか?

私、一応自分の娘はかわいいし、何物にも代えがたい存在と認識はしていますが、
「子ども素晴らしい☆」みたいな心境には全くならないし、
二人目なんか絶対欲しくないです。(つわり期と1歳までの1年間思い出したら、身震いするくらい辛かった)
そして、子持ちになった今も、子ども大嫌いです。

Comment

No title
編集
毎日毎日、うんちのついた布おむつを洗い続け、子供の汚した床を拭き続けて
さっき綺麗にしたばかりなのに、また汚されて・・・
「ああ、私はまるでシンデレラみたいだぁ~」て思って這いつくばっていたあの頃。
子供はとことん自己中で、親の都合なんか絶対考えてくれない。

学校に上がってからも問題児で、物を壊す、友達にけがさせる
先生や同級生のお母さんにいつも頭を下げていた私。
思い通りになんかいかないもんです。

でも6年生の時、授業参観でお母さんへの手紙というのを読んでくれた。
「お母さん、ありがとう」て。
もうその一言でいいじゃない、親なんて馬鹿だもん。

かしみやちゃん、そうやって気持ちを吐き出せるのなら
大丈夫だと思うよ。
子供は変化していきます、同じ状態は長続きしませんから。

2017年04月07日(Fri) 19:25
Re: No title
編集
>うさママさん☆

ありがとうございます。ご心配お掛けしてごめんなさい。
最近はネガティブすぎることは書かないようにしていたのですが、先日は体調不良から限界が来てしまいました・・・今は浮上しています。

「子どもがいて良かったー!」って思えるの、そんなに先ですか!!でも、その後直に反抗期来てまた大変になりませんでしたか?

育児は100のうち99が大変なことで、たった1つの可愛さで頑張れるとかよく言いますが、本当にその通りだなと。
でも最近はそのたった1つの可愛さすら見向きもせず、我が子を手にかける親も多いですね。
今は大丈夫でも、私もいつかそんな親の一人になってしまうんじゃないかと考える事があります。
2017年04月08日(Sat) 23:33
No title
編集
子育ては体力勝負だから、体調が悪いとほんとに子供が悪魔のように思えますよね。

そのためにもお母さんが健やかでなければね。
どうぞお体大切にしてくださいね。
2017年04月09日(Sun) 17:08
編集
子どもがいてよかったと思えたときかぁ。

私の場合、旦那さんが忙しかったので
仕事で落ち込んだときになんにもわかんない娘にギュッってしてもらったときかなぁ。

正直、お世話をするのは大変。
でも、子どもは子どもでちゃんと見ているもので。
女の子の場合、年中さんあたりから親が病気のときや落ち込んでるときは
気遣っていてくれたりします。

親だから無条件に
子どもを100%好きでなくてはならないわけではないと
ワタシは思っていて。

子どもも一人の人間なのだから。
友達を作るときと同じ。
好きなところ探しをするようにしたんです。
ワタシは・・・ですね。
(子ども好きだと思ってたのに、子育て中は子ども嫌いだったのか・・と思って落ち込むほどに顔も見たくない日々もあったのですよw)

かしみやさんはご自身の危ういところにちゃんと気づいているから。
きっと大丈夫です。

ご自身が元気なときにたくさんスキンシップをして
「ワタシはあなたのことが大好きなんだよ~」と
伝えてあげてください。
子どもは無条件に母親が大好きですが、
注がれた愛情の分だけ、ちゃんと母親や周りの方々にお返しをくれますから。

ご自身が弱ったときは、きついんだよ~ってことも
子どもに伝えてあげてください。
親であってもつらいときがあることを学べます。
子どもながらに「がんばらなきゃ!」と考えるきっかけになります。
ワタシもよく娘の前で泣いたりしてたなぁ・・・^▽^;
グチグチ、子どもには理解できないであろうことを話したりもして。
いやはや、娘にとっては迷惑でしかなかったでしょうねぇ~。

とにもかくにも。
子どもをもってよかったと思えるのは人それぞれのタイミングなので。
かしみやさんが「よかった!」と思えるタイミングが
小学校6年生のときになるのか、
保育園を卒業する頃か、
はたまた1年後かもしれないことなんて誰もわからないとですが。
とりあえず、必ずくると思うことだけは分かります。
(必ず、節目節目に、親を感動させようという外野が動きますからねw)

そのときがいつかなぁと・・・
ココロに余裕があるときだけでよいので
考えて過ごすと楽しくなれるかも・・・ですよ♪
2017年04月09日(Sun) 17:23
Re: No title
編集
>うさママさん☆

ありがとうございます。昨日日曜、夫が休みで娘の世話を積極的にしてくれたお陰で、大分心身ともにゆっくりすることができました。
健体康心、やはり体は大事だなぁと痛感しております。
2017年04月10日(Mon) 14:29
Re:
編集
>ちゃままさん☆

お久しぶりです!ご心配お掛けしてごめんなさい。
娘の気遣い・・・実は、娘が親の真似をしたいからか、はたまたこうすると褒められると分かっているからなのか、私の真似をしてお手伝いをしようとしてくれて。
オムツの始末のときにモタモタしながらも部屋やトイレのドアを開けてくれたりするのですが、普段は「ありがとう、助かるよ」なんて言えるのですが、先日は余裕なくて・・・「もう邪魔!あっち行って!!」と突き飛ばしてしまいました。その後の自己嫌悪たるや・・・(T_T)
そうですね、余裕があるときにこちらも「好き、ありがとう、ごめんなさい」を言うようにしてみます。
2017年04月10日(Mon) 14:37
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年04月16日(Sun) 01:11
Re: No title
編集
> 由雨子さん☆
お久しぶりです!忘れるわけがないです!!
今でも時々ブログ覗いて「更新されてないかな~?」とストーキングしてるくらいですよ!
近況伺えてとてもうれしいです。
私だけの時間と世界が絶対必要な人・・・そういわれてものすごくハッとさせられました。
本当におっしゃる通りなんだと思います。じゃなきゃ、結婚してすぐに夫の帰宅に過呼吸発作起こしたりしない(笑)
相手が大人であれば、自分はこんな人間なのでと断って、一人の時間を持って頭を冷やすことが出来るけど、娘にはそれが出来ない。まだ絶対的に母親が必要な時期なんだと、娘を見ていて思います。
由雨子さんはお子さん、もう自由に言葉を話せるんでしょうか?コミュニケーション取れるようになってからはどうですか?
あぁ、いろいろお話したいです~!
コメント本当にありがとうございました。こんなブログですが、また覗きに来てくださいね!
2017年04月16日(Sun) 04:14
管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017年04月19日(Wed) 10:48












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

作者プロフィール

かしみや

Author:かしみや
富山県産の女子。
前世は猫だと思ってる。
猫好き酒好き寺社巡り好き。
これまでに巡ったところは
こちら

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブクログ
最近のお気に入りの本や音楽などを随時UPしています☆