気まぐれ猫と、気まぐれな・・・

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち・ドジョウたち」です。富山県産・福岡在住の主婦が、我が家の猫のこと、趣味のこと、 その他日々のよしなしごとを、とにかく気の赴くまま気まぐれに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダンディーバズーカーお父さん!予想GUYデス。

おぅおぅ、気付けば6月も今日で終わり。
7月ですねー、夏ですねー、蒸しますねー。

毎日雨ばっかり・・実は激しい雷雨って嫌いじゃないのですが、生活が脅かされるほどの大雨はやはり困ります。
大雨被害がこれ以上拡がりませんように。

そして、雨が上がった間に娘をおんぶして近所の公園に散歩に出掛けました。
徒歩での散歩は久しぶりです。
娘、重くて抱っこがキツいー

その公園の入り口のベンチに、数名のおじいさんおばあさんが集まってお話されていました。

近くには三脚の上に堂々と鎮座しているバズーカーカメラ📷

※バズーカーカメラとは、まるでバズーカーのような大きさ長さの望遠レンズをカメラ仲間さんたちとこう呼んでいます。バズーカー持っている人たちがいると玄人感が凄くて、私のような下手くそカメラ好きは怯んでしまいます

公園を一周してきたとき、おばあさんがベンチに腰かけて、ファイリングされた写真を見ておられました。

このマダムがバズーカーの持ち主なのか?!と思って、どんな写真を撮っておられるのかとても気になり、声をかけてみました。

マダム「いえ、私じゃないのよ、あちらの男の方が撮られたのよ。見せて貰っていたの(*^.^*)」

と。
私も2冊のファイルにたくさんの写真を見せていただきました。

写真は鳥の写真。

そこへ、バズーカーの持ち主のお父さん登場!!

私「素敵な写真ですね!」

などと言葉を交わしました。
バズーカーもちょっと見せていただいて・・・

ダンディーなバズーカーお父さん、
「気に入った写真あったら持っていっていいよ✨」
と。

え、まじっすか!Σ(゚◇゚;)

マダム「私も先日お写真いただいて、額に入れて玄関に飾ってるのよ🎵」

なんと!

せっかくなので、お言葉に甘えて写真を頂くことにしました。

マダム「それ、素敵よね!私もそれを頂いて飾ってるのよ🎵」


え?!同じやつ?!!



お父さん・・・まさか、このファイルにたくさんの写真は・・・


・・・配布用??


さすがバズーカー所持のお父さん。

ちなみにファイルは多分A4サイズ。
デカイです。

私「いつもこんなに大きいサイズで印刷していらっしゃるんですか?」

と訊ねたところ。

お父さん「いや、家のはこっちのサイズ」


バズーカーお父さん、隣のベンチに置いてた薄っぺらい箱を持ってきて・・・

中からA4サイズよりさらに大きい、額入りの写真がー!!!


マジか・・・

てか、額入りの写真持ってきてるって・・・


・・・見せる用???


すげぇ。
こういう玄人っぽい方がいると、私みたいな素人がちょーっと趣味でカメラやり始めました、みたいなタイプは
間違っても「私もカメラやるんです!」などとは言えなくなります
((((;゜Д゜)))ガクブル

でも、ダンディーお父さんの鳥の写真。
日常あちこちにいる自然の鳥の姿が本当に鮮やかで・・・

野鳥ってこんなに綺麗なんだ、と感動しました。
自然の造形美を感じさせると言うか。


で、お世辞抜きでそんなことをお父さんに伝え、写真のお礼を言い、

私「こんなに素敵な写真、それなりの額に入れて飾らないとバチがあたりそう(^^)」

と言いました。マダムが額に入れて飾ってるって言われたのを受けて、ですよ。


するとお父さん、、、

「額もいる?」


スタスタスタスタスタスタ・・・・


突然その場を立ち去り車の方へ。

しばらくして戻ってこられたダンディーお父さん。


手に額もってるよ!!(゜ロ゜ノ)ノ


私「ちょ・・・お父さん?」

お父さん「(私にくださった2枚の写真を手に取り)どっちの写真が好き?」

私「こっちです。・・・って、え、何されてるんですか??!」

お父さん「額もあげるって(^^)」



ちょ!!

どんだけダンディーなんですか!!!



お父さん「これはひのきって木でね、作ったのよ」


てーづーくーりー!!!(゜m゜;)


いやいや、そんな立派なものをいただくわけにはいかないし、なんかねだったみたいだし、そんなつもりじゃなかったのにぃーーー!!!


ひたすらあせる私を前に、お父さんは余裕の笑みを浮かべ、
写真を入れた額(私が好きっていった方を見えるようにして2枚とも入れてくださった)を私に差し出され・・・




「写真は今までいろんな人にあげてきたけど、
額をあげるのは初めて✨」









決めゼリフーー!!!


おとーーーさんっ!!
少女コミックのヒーローが壁ドンしながら言いそうなセリフを、そんな爽やかに言わんでくださいーっ!!!!

私が10代の小娘だったらキュン死してたかもしれないっ!


と、私一人でドキドキしていたので、誤解の無いように。
ダンディーなバズーカーお父さん、本当に下心なく下さった感じだったのです。

きっと、純粋に野鳥が好きで、
純粋に写真を撮ることが好きで、
時々同じく野鳥が好きな人に写真を見せて喜ばせたい・・・
そんな感じなんだと思います。

コンテスト等には興味がなく、自分で撮ってそれで満足、といわれていました。


いやー、写真・カメラの楽しみ方にはいろんなのがあるんだと、勉強になりました。

このダンディーバズーカーお父さん、また公園に散歩に行ったら会えるかしら??

ドキドキするけど、今度は私もカメラ持参で行こうかな?
きっと、撮影テクニック云々じゃなくて、別の色んなことを学べる気がする。

あと、これは下心。
おじさんのバズーカーで1度撮ってみたかったなー(笑)
いくら気前よくても、あのバズーカーはくれんやろな(笑)

| カメラ・写真 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amber589coral35.blog.fc2.com/tb.php/565-67cda5cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT