気まぐれ猫と、気まぐれな・・・

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち・ドジョウたち」です。富山県産・福岡在住の主婦が、我が家の猫のこと、趣味のこと、 その他日々のよしなしごとを、とにかく気の赴くまま気まぐれに綴ります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

稽古する理由。

今日は文字だけブログ。
猫さんファンの皆様、ドジョウファンの皆様、ゴメンナサ~イ。

私、ある武道をやっているのですが、
(その関係者にこのブログ見つけられたくないので、ここでは詳細伏せています)
大学生の時から初めてもう10年以上・・・

途中ブランクある時期もありますが、まぁずーっと今日に至るまで続けているわけです。
人に話したら「すごいね!」とか言われるんだけど、自分では全然そんな感覚もなく、もはや生活の一部になっています。

しかし、この夏、手術&入院したせいで1カ月まるまる稽古できなかったんですよね。
で、稽古しない日々が苦痛で、「早く稽古したいぃ~~」ってウズウズなっていたかというと、

まったくそんなことはなく(笑)


そういう世界が独特だからか、集まる人たちは変わった人が多く、
正直、一般的な社会では「そりゃないだろう」みたいな信じられないことが、
この世界では「フツー」にまかり通ったりして、不愉快な気分になることも多かったです。

最初稽古しているときは、出来ないことが出来るようになるのが嬉しいし、
体動かすの気持ちいいし・・・だったんですが、
そこそこ続けていると、見たくないものまで見えてきたというか・・・
(人間関係のしがらみとかね・・・)

技術的な部分でも、「出来る」「出来ない」の部分は既に通り過ぎていて、
あとは「どううまくやるか」っていうひたすら自己修練という段階・・・
明白な結果が無いことで目標も見いだせず。

そんなわけで決して稽古に熱心ではない私。

が、それが本日、吹っ切れました(笑)


私、唐突(笑)

準備体操しながら、「なんでこんなに『いやだなー』って思いながらも稽古するんだ、私は?」と自問自答していたのですが、なんか「あ、そっか」とひらめいたのです。

私・・・自分が稽古することをやめてしまうのが怖いから続けてるんだ。

「いやならやめちゃえ」
とやめてしまえば、これまで10年以上やってきたすべてがゼロになってしまう。
積み上げてきたものがゼロになってしまう。
出会ってきた人たちとの縁もブッツリ切れてしまう。

それが嫌だから、熱心じゃなくても細々と続けようとしているんだと思いました。

もう1つ分かったことがあって、
週末、あこがれのカメラの師匠とカメラ部のお仲間さんたちとランチするという素敵すぎる機会があったのですが、
その時、カメラの先生がスマホで写真を撮ってくださったんですが、
スマホ構えて2回撮影する、先生の動作がビックリするくらいキレイだったんです。

私もカメラ構えてシャッター切るっていう同じ動作をしているのに、それを何十年間も仕事にしておられる先生の動作は、水が流れるように無駄がなくて美しいと感じたのです。

本来「芸術」とは関係ない物でも、何か一定のラインを超えたら、途端に芸術性が感じられるってこと、ありませんか?
先生の動作はまさしくその域でした。

憧れる~。

そう思った時、私のやっている稽古もそうだなってふと思ったのです。

ずっと続けていれば、いつか私の一挙手一投足が美しくなればいい。
究極、立ち上がったり歩いたりするだけで、「あの人の動作は美しい」って言われるようになりたい。

私が目指したいのは、技の上手さや強さではなく、芸術性なんだろうなぁ~と。

他の気が合わない仲間とも、目標が人それぞれで違うんだから仕方ない!

なんかこんな考え方した時に、今まで悶々と稽古していたのがすごーく気持ちが軽くなって楽しくなりました☆

芸術って、生きていく上では全然必要のない物。

大好きな音楽も、写真も、稽古も。

でもそれは心を豊かにするものだから。

目標が決まったらあとは突き進むだけです。
楽しもう♪♪♪

| 未分類 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://amber589coral35.blog.fc2.com/tb.php/470-20a86fac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT