うちの猫たち・ドジョウたち。

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち(ニャンズ)と職場のドジョウ」です。「ネコドジョ」or「ニャンドジョ」or「ニャンニョロ」・・・呼びやすいように呼んでやってくださいまし。富山県産福岡在住のOLが綴る、我が家の猫のこと、水槽のこと、 その他日々のよしなしごと。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年04月
ARCHIVE ≫ 2017年04月
      

≪ 前月 |  2017年04月  | 翌月 ≫

やはり子どもなんて嫌い。

また風邪をひきました。
ジェットコースターばりの気温の変化に体がついていきません。
風邪は治りかけなのですが、鼻と耳にきています・・・(←昔から耳鼻科系統弱い)

体力的にしんどくなると、一気に精神面も崩壊する。

娘のやることなすこと、頭にきて仕方ない。

きつくても3度のご飯を用意し、オムツが濡れたら替えて、
絵本や遊びも付き合って、眠くなったら抱っこしてやって・・・

元気な時はいいんです。

でも、フラフラしながら一生懸命作ったご飯を、
毎回ぐちゃぐちゃに握りつぶして、好き嫌いして、
挙句の果てに床に投げつけられて・・・

分かってるんですよ?
これも成長の一環。
自分でやってみたい時期だし、
遊びながらも学んでるんだろうし、
好き嫌いも自主性が育っている証拠。

でも、ほとんど食べてもらえず、床に投げつけられたご飯片付けていたら、
涙が止まらなくなります。

なんで世のお母さんたちは、子どもにこんなことされても子ども大好きなんて言えるんですか?

私は自分の娘だから可愛いし、今もかろうじて耐えているけど、
でも、やっぱり子どもなんて欲しくなかったと思います。

最近は子どもがすり寄ってくるのも苦痛に感じます。
どこかに消え失せてほしいとまで考え、
実際にそうなったら生きていけないくせに!と自分に言い聞かせてそんな考えを打ち消します。

今日は主人が早く帰ってこれたので、娘の世話は丸投げし、
自分はトイレに籠りました。

私じゃないと眠れない娘、号泣して私を探していたけど、無視。

今は視界に入ってきて欲しくない、声も聴きたくない、私に触れないでほしい。
どうか私を一人にして欲しい。

それで、後で寝室に入って娘の寝顔見たときに、
「あぁ、やっぱり私はなんてダメな人間なんだろう」と自己嫌悪に陥る。

世の先輩ママさんたちに質問です。
きっとたくさん大変なことを経験されたと思うんですけど、
その大変な時の負の感情が、最終的に「子ども素晴らしい☆」って昇華されたのは
どんな時ですか?

私、一応自分の娘はかわいいし、何物にも代えがたい存在と認識はしていますが、
「子ども素晴らしい☆」みたいな心境には全くならないし、
二人目なんか絶対欲しくないです。(つわり期と1歳までの1年間思い出したら、身震いするくらい辛かった)
そして、子持ちになった今も、子ども大嫌いです。
作者プロフィール

かしみや

Author:かしみや
富山県産アラサー女子。
前世は猫だと思ってる。
猫好き酒好き寺社巡り好き。
これまでに巡ったところは
こちら

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブクログ
最近のお気に入りの本や音楽などを随時UPしています☆