うちの猫たち・ドジョウたち。

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち(ニャンズ)と職場のドジョウ」です。「ネコドジョ」or「ニャンドジョ」or「ニャンニョロ」・・・呼びやすいように呼んでやってくださいまし。富山県産福岡在住の主婦が綴る、我が家の猫のこと、水槽のこと、 その他日々のよしなしごと。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年04月
ARCHIVE ≫ 2016年04月
      

≪ 前月 |  2016年04月  | 翌月 ≫

チューリップ。

地震、こんなに余震が続くなんて・・・
被災者の方々の身体的・肉体的苦痛を思うといたたまれない思いです。
被災していない私でさえ、この余震がいつ終わるのかと不安に思うのに、避難徐に身を寄せる方々はどんなに辛く不安な気持ちで過ごされているのか・・・

どうか・・・。

**********

地震のことがあって、自分の体調快復を報告していませんでした。
風邪による発熱は3日目には下がりました。
まだ衰えた体力は戻りきっては居ませんが、それでも普段と変わらず元気にしています🎵
今回も幸いなことに娘には風邪がうつらず、本当に良かったです。
ご心配をお掛けしました。

**********


富山県の県花はチューリップです

そんなこともあってか、実家の庭に咲いたチューリップにカメラを向けたくなりました。

が、実家の庭、手入れされていなくて大変なことになっていたので、想像以上に難しかったです。




まずは、前ボケを使って。
昔は他の色もあったそうなのですが、いつのまにか赤ばかりになってしまったそうです。

チューリップの間には他の植物や雑草も生えているので、チューリップ主体にするのが難しかったです。



チューリップといえば、独特の花芯。
しかし、構図が下手くそすぎて、編集でトリミングしました😢



こちらは、Eye Openerという名前のチューリップ。
日陰の花壇に寂しそうに咲いていました。
色の入り方が独特です。



ほころぶ前のチューリップも撮りましたが、
カメラの先生の天の声、
「これは何を撮りたかったの?」
「暗い」
「ここ要らない」
とか、ボロクソに言われそう😢

そんな中、ちょっとハマりそうなのが、最後の1枚。



ローアングルから。
ハイキー好きの私が珍しくローキーで撮った写真。
ローキー、色がハッキリでて、味わい深くなる気がします。
かなり面白いかも。
ちょっと、ローキー撮影はまりそうです。

でも、やっぱり思ったように撮るって難しい。
というか、どう撮っていいかも分からないー⤵⤵
相変わらず迷走が続きます。


元気に咲くチューリップ。

🎵花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
私は何を残せただろう

続・熊本地震。

地震、収まるどころか被害が拡大していますね。

心配です。

昨日のブログにも書きましたが、私と娘は富山帰省中、主人は北海道で地震には遭っておりません。
我が家の猫たちはシッターさんが毎日訪問してくださっています。
「お客様の猫ちゃんでも、自分の飼い猫と同じ」と言ってくださり、それを口先だけの言葉にせず行動で示してくださるような方です。
食器棚の取っ手を縛って開かないようにとお願いしました。

Yahooの防災メールを登録しており、九州地方で震度3以上の地震があったときにメールが届くのですが、
最初の地震発生(4/15、21時半頃)から、今日の正午までに届いたメールは、

147件です。

熊本、阿蘇、大分の3ヶ所で揺れているので、件数もこんなに多くなりますが、しかし、
震度3未満の地震を含めたら・・・被災地はいったいどんな状況なんでしょうか。

そして、13時を過ぎて、メールは150件を超えています。

神社巡りが好きで訪れた、阿蘇神社。
当時の記事がこちらです。

阿蘇神社の楼門は国の重要文化財だったのに、
こんなに立派だったのに、ニュースで変わり果てた姿をみて言葉を失いました。

どうかこれ以上被害が大きくなりませんように。
そして我が家の猫たちが無事でありますように。
祈ることしかできません。

熊本地震。

熊本での地震、まずは被災された方、お見舞い申し上げます。
これ以上被害が大きくなりませんように。

幸い私と娘は富山帰省中、主人は北海道出張中でした。
私の帰省を知らずに、心配して連絡をくれた友達、
知っていても家の状況を心配して連絡をくれた友達、
みんな本当にありがとう😭💕❤

家で2匹留守番していた琥珀と珊瑚。



こちらも無事です。
留守中、ペットシッターさんをお願いしているのですが、
里帰り出産中お世話になった方で、
本当に頼もしい方です。

地震発生直後、本当にすぐにメールを頂き、福岡は家具が倒れるなどの被害は無さそうなことを教えていただきました。
余震によるストレスを心配していましたが、それも大丈夫そうです。

我が家は無事だったけれど・・・
日本に住むということは、こんな被害がいつ自分の身にふりかかるか分からないということ。

倒壊した家屋から8ヶ月の赤ちゃんが救出されたというニュース。助かって、しかもほぼ無傷で本当に良かったと思うけど、救出されるまでのご両親の心境を思うと・・・

赤ちゃんを両手で抱えて避難していたお母さんが、揺れで転んで、でも赤ちゃんを抱いているから手をつけずに、そのままコンクリートの道路に両膝から崩れた、というニュースも・・・
しかもそのお母さん、私と同い年だった・・・

もし自分だったら、と考えてしまいます。

倒壊した熊本城も、数年前に友達と遊びに行った場所です。
崩れた石垣は、当たり前にその地に積み重ねられた人々の平和な生活の象徴に見えてしまいます。

1日も早く余震が収まり平和な生活が戻りますように。

だって気温の変化に体がついていかないんだもの。

2、3日前の富山。
ジャケット羽織ってチャリで出掛けたら汗ばむ陽気でした。
最高気温は22℃以上。

その翌日。
最高気温は10℃、最低気温は4℃くらい??
山あいでは雪❄の予報でした。

結果。

ただ今、38.3℃の熱発(´▽`;)ゞ

体がついていかなかったようです。

実家にいて良かった・・・😢
皆様も風邪には気を付けて・・・orz

再会。

春は出会いと別れの季節というけれど、
“別れ”は3月、“出会い”は4月という気がします。

今日出会ったのは、大切な大切な友だち。

彼女と初めて出会ったのは中学生の時。
学習塾のクラスメイトで、志望校が同じだったことがきっかけで仲良くなりました。
進路の悩みを相談しあったり、共通の話題で盛り上がったり。

そして、二人とも晴れて同じ学校に合格して、
更に運良くクラスも同じになって。

親や先生に言えないことも、彼女にならなんでも打ち明けられた。
熱く夢を語り合ったりもした。

高校時代の3年間は、私の人格形成に間違いなく大きな影響を与えた期間で、その時期に一番の親友だった彼女は、私にとっては本当に大きな存在でした。

そんな彼女とは、大学に進学して、それぞれ遠く離れた土地に住み、忙しくしているうちにやり取りが途絶えてしまっていたのだけど・・・

高校時代を思い出せば、必ず彼女の存在も思い出していました。

あれから10年の月日が流れ。


腱鞘炎療養のため実家にいるのですが、そこで高校時代に彼女から貰った手紙が出てきました。
懐かしさに・・・10年以上前からずっと残していた彼女のメールアドレスにメール✉してみました。

もう、アドレスも変わっているだろう。
すぐに送信エラーのメールが来るだろう。
きっと彼女なら、素敵な男性と幸せな家庭を築いているだろう、可愛い子どももいて、素敵なママになっているだろう。
幸せ祈りつつ、そろそろ連絡先削除しようかな。なんて思っていました。


・・・ん?



あれ??エラーメールが来ない。

え??マジで??
もしかして、届いちゃった??!!
いや、それはスッゴい嬉しいんだけど、そんなことあるはずないさ!
いきなり連絡したって「は?誰これ?今さら何?」とか思われそうだし(゜゜;)
こ、こ、心の準備がぁぁぁ~・・・


で!

約10年ぶりに友達と連絡が取れました!
O(≧∇≦)O



いざ連絡がとれて、メールやLINEでやり取りすると、あっという間に昔の関係に戻れた気がする。

そして、予想していた通りに彼女が元気に幸せに暮らしていることがとっても嬉しい。

永い時を超えて再び出会えたこの縁(えにし)。

いつか実際に会って、お互いの10年について語り合いたいな(^ー^)

桜。

福岡の桜満開の知らせから何日経っただろう。
昨日、富山の桜も満開となりました。



少し前まであんなに寒かったのに!

桜・・・本当に不思議。

もし桜の開花時期が、厳しい冬がようやく終わって春が訪れたタイミングではなかったら。

もし桜の花の色が、薄ピンクではなく、もっと濃い派手なピンクだったら。

もし桜の花弁がもっと大きくて、散るときにヒラヒラとしなかったら。

もし桜の花が僅かな時間で散らずに、2週間くらい咲き続けていたら。



こんなにも私たちの心を打つことはなかったと思うのです。





刻々と表情を変える姿は、有限の象徴でもあり、
季節がめぐりまた花開く姿は、希望の象徴でもあり。

きっと、桜を見て思うことは人それぞれで。

8ヶ月の娘にとっては、物心つく頃には覚えていない景色。

その分、私にとっては忘れられない景色。


私と、娘と、母と。




富山で桜の季節を迎えられることは、この先何度あるだろう?
その時、私と母と娘と3人揃っていることは・・・?

儚い薄ピンクの桜並木を背にすれば、
まだ白く雪を被っている立山連邦。
あそこはまたまだ極寒の地ですな。

冬と春の移り変わりの狭間にいる。


小学生の頃から好きだった桜並木にそんなことを思いました。

しかし、嘆かわしいのはこの美しい景色を私の撮影技術じゃ表現出来ないこと。

もどかしい!!

大好きなブログと、娘の匂い。

年度が変わりました。4月ですね。
忙しくしておられる皆様、お疲れさまです。

今日は、私の大好きなブログをまずご紹介したいと思います。

それがこちら。

息子の行動にツッコミを入れさせて頂きます

可愛いイラストの育児ブログです。
もぅ、毎回毎回面白くて!!(≧∇≦)

これまで何度も、子供寝かしつけたあとに読んでは、笑いを堪えるのに苦労させられました(笑)

育児で鬱々としていたときには、元気をもらって、「今が大変でも、もう少ししてこの子が大きくなったら、こんな風に楽しく暮らせるのかな?」と前向きな気持ちになれました。

以来、作者のぎんさんと、息子の小熊さんの大ファンです(*^-^*)

さて、そこに以前書かれた記事にこんなものがありました。


「生まれたときから同じ匂い」

子供さんが、赤ちゃんの時から同じ匂いがしている、という内容なのですが、それを拝見して以来、ずーーっと、

「うちの娘の匂いはどんなだろう?」

と意識していたのですが。


その頃まだ生後4ヶ月の娘、少し甘いような柔らかい微かな匂いで、イマイチ「これが娘の匂いだ!」って分からなかったのですが。

現在8ヶ月。
頭の匂いが強くなってきました。
シャンプーの匂い?と思っていたのですが、シャンプーの匂いとは明らかに違うかほり。

濡らすと更にハッキリするかほり。

・・・このかほり。

どこかで嗅いだことのある匂いだ・・・
なんだ?なんの匂いだ??


ハッΣ(´□`;)


分かった!

この匂い!!


結論。



しめじだ!



・・・ショック。

ショックです。

娘のかほり、しめじだったよ(T_T)



SHIMEJI NO KAORI(゜゜;)

・・・オワタね。

・・・しめじっだってよ。オワタね(;^_^A


念のため、お風呂の時にシャンプーでよーくゴシゴシしたけど。

濡れた娘の頭のかほり。


SHIMEJI NO KAORI (。>д<)


やべぇ、しめじ臭じゃ愛しさ激減だよ、株価大暴落だよ。
しめじの株だよ。(←ショックで意味不明)

ぇ、これ、いつまでこの匂い続くのかな?
小学校に上がる頃には消える???

このしめじ臭が原因でいじめられたら、
母はなんと娘に詫びればよい?!

同級生に「あいつ、しめじくせぇ!」
「あいつと遊ぶと頭からしめじ生えるぞ!」とかってからかわれたらどうしよぅ!!!


ふ、ふ、フローラルのかほりに産んであげられなくてごめんよ、娘!!(。´Д⊂)


てか、4月一発目のブログをしめじで締めくくっていいのか??
こんなブログですが、新年度も皆様よろしくお願いしますm(__)m
作者プロフィール

かしみや

Author:かしみや
富山県産の女子。
前世は猫だと思ってる。
猫好き酒好き寺社巡り好き。
これまでに巡ったところは
こちら

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブクログ
最近のお気に入りの本や音楽などを随時UPしています☆