気まぐれ猫と、気まぐれな・・・

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち・ドジョウたち」です。富山県産・福岡在住の主婦が、我が家の猫のこと、趣味のこと、 その他日々のよしなしごとを、とにかく気の赴くまま気まぐれに綴ります。

2015年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

来年の手帳を買いました。

早々に来年の手帳を買いました。

ずっとスケジュール管理はスマホ任せでしたが、今年から手帳デビューしました。
その時の日記がこちらなのですが。

懐かしいな。

項目分け出来るこの手帳。
妊娠発覚して、妊婦検診のスケジュール把握がメイン目的で買ったのです。

結果とても使いやすかったし、これからも子供のイベント管理は大切。

というわけで来年の手帳も項目分け出来るものをチョイス。



大雑把な予定書き込みが主で、今年の手帳は使わないページも多かったので、来年のはスリムなものを。持ち運びもしやすいしね🎵
ただ、カバーのふちが、指切りそうな感じに鋭利になっているのが不満なんですが・・・
鞄にいれているうちにフニャフニャになって手になじむといいんですけど。

しかし、これまで手帳は買ったとしても年末頃だったのに・・・

既に来年の手帳には、子供のイベントを書き込んでいます。

こんなところでもライフスタイルの変化を感じていたりします。

| 未分類 | 17:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

彼の野性。

久々の猫さん記事です😆🎵

今朝のこと。
食器を洗おうとしたら主人が「置いといてくれたら自分がやっとくから!」と口では言いつつも、ケータイ弄って動く気配ナシ。

なのでちゃっちゃと洗おうとしたら再度、「今コーヒー飲んでて、このカップも一緒に洗いたいから置いといて!あとはやっておくから」と。

でも、赤子が寝ている間に家事で出来ることはさっさと片付けないと。
結局洗いましたよ(怒)

で、「置いといてくれたらやったのに・・・」とかブツブツ言っていた相方さん。

そこへ、我が家の甘えん坊将軍琥珀がテケテケとやってきて、テーブルの上に飛び乗って、相方の前を横切って私の方に向かってきたんですけどね・・・

まさかの、、、

まさかの、、、


主人飲みかけのコーヒーに、
後ろ足ドボン!!


主人「ギャ~!!コっちゃん!!何やってるの!!!」



御用となりました。

主人がゆっくりのんびりコーヒー飲んでいたため、中身はすっかり冷めていたんだけど・・・



いやいや、ワイルドっていうのは、「野性的な」とかいう意味をもつ単語であって、飲み物に後ろ足ドボンとか突っ込んじゃうあたり、君の野生本能の大部分が失われてしまっているんじゃないかと、おかーしゃんは危惧しているぞ。

この一件で、やれるときに家のことは片付けなきゃ!っていうのを主人が学習してくれればいいんですが。


にほんブログ村 猫ブログ MIX茶トラ白猫へ
にほんブログ村
 ↑ ↑ ↑
ポチっとお願いします☆
お手数おかけします!!
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村

| 琥珀 | 18:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お宮参り。

今年の2月に、久留米の水天宮に参拝した記事をアップし、その最後に「裏事情があっての参拝」と書いていました。(そのときの記事がこちら

はい、参拝した日は“戌の日”、安産祈願に行ったのです。
久留米の水天宮は戌の日に参拝し安産祈願の祈祷を受けた人には、オリジナルのお守りが授与されるのです。

左の花柄が可愛い安産祈願の御守りもご祈祷を受けた方だけに授与されるもののようですが、左の可愛い親子守り!こちらは戌の日のご祈祷限定!

小さな子守がピンク色の親守にくっついている様子は、お母さんが赤ちゃんを抱っこしているようです。

後ろの箱は腹帯です。

神社好きな私ですが、中に入ってのご祈祷をお願いしたのは初めてでした。いや、私が小さい頃にお宮参りや七五三に連れていってもらっているから厳密には初めてではないのですが。

安産祈願の時は私一人だったので、玉串奉納とかめっちゃ緊張しました。

でもお陰さまで超安産でした。

その御礼と、赤子の健やかな成長を祈ってのお宮参り。

衣装はスタジオアリスでレンタルしました。

お宮参りでもオリジナルのお守りが授与されましたよ!

あと可愛いスタイも頂きました。

現在、親子守りと一緒にベビーベッドに下げています。

お参りの後は、スタジオアリスで記念撮影。

お宮参りの和装も可愛かったのですが、ダウンロードサービスで頂いたセレモニードレス姿の写真をこちらでご紹介。

カメラ教室で撮影方法を勉強してきましたが、スタジオアリスで大勢の子供たちを撮影するカメラマンさんたちを見て思ったこと・・・子供撮影で大事なのはカメラの設定や構図云々じゃなくて、如何に表情を引き出すか、ですね。

だって小さな子供は言葉でお願いしたって目線すらくれませんから。

他の大勢の子どもたちのパワーに圧倒されながら、こんな経験も娘が生まれなかったらしてなかったんだよなぁと、不思議な気がしました。

趣味の神社巡り&御朱印集めは当分お預けだけど、次行くときは赤子と一緒なんですね。

やっぱり不思議な感覚です。

| 育児 | 19:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せな一時と暗雲。

昼前にお昼寝してました。
娘に添え乳で授乳して、そのまま肌をくっつけて。

カーテン越しの柔らかい光に、清々しいけどちょっと肌寒い風、それから守ってくれる肌掛け布団。

甘えん坊の琥珀もやってきて、しばらくして珊瑚もやってきて、皆で肌を寄せあってスヤスヤ。

ヒトとネコの垣根を越えて、1つの家族としてスヤスヤ。

あぁ、この幸せな時間がずっと続けば良いのに・・・。


2日前から突然我が子への興味を失いました。
今までは、可愛いとか大切だとか愛おしいとかいう気持ちがそれなりにあったはずなのに。

授乳してオムツ替えしてお風呂に入れて、最低限のお世話はします。でも、その間に話しかけたりすることが堪らなく苦痛になりました。

多分これが元の自分。
子供嫌いで自分の身が一番可愛いというのが私。
出産後しばらくもこんな感じでした。産んだ子の顔を見たいとも思わなかったし、自分の子という実感も無かった。

この数日に特別辛いことがあったわけではないのに。

つもり積もった疲労に体も心も限界が来ていたのかもしれません。

生後2ヶ月児なんて、あやしたらニコニコ笑って、首も安定してきて、でもまだ自由に動けないから、お世話が比較的楽で一番可愛い時期なのに、そんなタイミングでこんな状況になったことに堪らなく自己嫌悪していました。

こんな私の心境に気づいていたのか、赤子はいつも以上にニコニコしてお利口さんにしていた気がします。私に捨てられないように必死になっているように見えました。

興味を失っている間、我が子に思っていたことは、私を母に持って可哀想とか、もし私を母に選んだのだとしたらバカな子、そんなことでした。(妊娠中に、赤ちゃんは母親を選んでお腹に宿るとかいう本があることを知ったので)

唯一の救いは、主人が赤子を溺愛し、そして私を最大限サポートしてくれていること。主人には妊娠したときから気持ちを全て打ち明けています。
そして私の母にも。何があってもこの子をきちんと守ってくれる人がいる。
理解者がいなかったら、私はこの子を産んでいなかったかもしれません。


昨日までのこんな暗雲を晴らしてくれた、幸せな1時間のお昼寝タイム。

これからもこんな満たされた気持ちと、昨日までのドロドロした気持ちを交互に繰り返していくんだろうな。

・・・不安です。

でも、我が子の生命維持を最優先に考えて結論を出していければ、なんとかなると信じています。

願わくばこの穏やかな気持ちがずっとずっと長く続きますように。

はっきり言えること、出産や育児は幸せ100%では決してありません。

| 育児 | 15:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |