うちの猫たち・ドジョウたち。

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち(ニャンズ)と職場のドジョウ」です。「ネコドジョ」or「ニャンドジョ」or「ニャンニョロ」・・・呼びやすいように呼んでやってくださいまし。富山県産福岡在住の主婦が綴る、我が家の猫のこと、水槽のこと、 その他日々のよしなしごと。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月
ARCHIVE ≫ 2015年09月
      

≪ 前月 |  2015年09月  | 翌月 ≫

1カ月健診。

お久しぶりです。
相変わらずバタバタ育児しています。

・・・慣れません。

もともと子供が欲しくなくて、妊娠も出産も喜べなかった私ですが、やはり我が子はとても大切です。可愛いと思います。

でもときどき可愛いと思えなくなります。
(といっても憎んだり居なければ、とは思いません。これ、本当に私が産んだのか?と不思議な生物見る感じです)
自分の体調が安定しないからでしょうか。体が弱ると心も弱る・・・

しかしどんなに育児が大変でも痛めつけようとか八つ当たりしたくなったりは一切ありません。
虐待のニュースを見るたび信じられないという思いと激しい憤りを感じます。

現在生後2か月を過ぎている我が子ですが、きっと今が一番可愛い時期なんでしょうね。

今日はそんな我が子を、特に愛おしく大切と意識した出来事について。

1カ月健診は8月末に地元富山の産院で受診しました。
1カ月健診で問題がなければ、その週末に主人が迎えに来て、福岡に戻ることにしていました。

あんまりルンルン気分でいる旦那に、電話やLINEで、
「もし何かあって週末帰れなくなったらどーする?」と言っていたのですが、主人は
「よっぽどのことがない限りそんなことないっしょ」と気楽に構え、赤子との新しい生活を待ちわびている様子でした。

が、健診で医師から言われた意外な言葉。

「心雑音が聞こえます。おそらく問題ない物であると思いますが、念のためこれからすぐに総合病院に行って精密検査を受診してください」

え?どういうこと?

一瞬パニックです。完全に予想外の言葉でした。

もしかしたら心臓に異常がある可能性があるってことか・・・。
いや、でもこの子に限って・・・。

「大丈夫でしょう」となぜか信じて疑わない私。だってちゃんと安産祈願行ったし。
あ、でも自分が楽に産めるように祈っただけで、子どもの事なんてロクに祈ってなかったっけ?
だから心臓に奇形もって生まれてきちゃった?

とりあえず実家の母と旦那にLINEで連絡。
それから県内の総合病院に向かいました。

後で聞いたのですが、旦那もLINE受け取ってものすごくビックリして、ドキドキだったそうです。
母はどーんと構えていたようですが、母から事情をきいた祖母もパニック状態だったそうです。

じつは親戚の子どもは、心臓の弁に異常を持って生まれてきました。
幸い手術は必要なく、成長と共に治ったそうですが、娘もそんな風に異常があったのか・・・

夕方の総合病院は、診療受付もとっくに終わっていて人がいなくて静かで暗く。
初めての受診なので受付からだったのですが、患者氏名にうっかり自分の名前を書いてしまうあたり、全然母親業に慣れていない自分を感じつつ。初めての小児科受診。

そして超音波による精密検査。

きっと大丈夫。だってあんなに元気な声で泣いて、ミルクもたっぷり飲んでよく寝てるし。大丈夫。

祈るような気持ちでエコー画面と娘と、検査しているドクターの後ろ姿を見つめていました。

本当に幸いなことに、心雑音の原因は問題無い物でした。
後で知ったのですが、1カ月健診で心雑音を指摘される子って結構いるみたいですね。
成長過程で消えることが多いようですが、本当に心臓に異常がみられる場合もある、と。

ドクターに、
「お母さん、大丈夫ですね」
と言われたとき、また一瞬頭が真っ白になって、本当に良かったと心の底からほっとして、そして娘を抱きしめたくてたまらなくなりました。

あぁ、私、この子をちゃんと愛せるか心配していたけど、本当にこの子のことが好きなんだなぁ~と。
可愛くて可愛くてたまらない、という感情はまだ大きくなっていないだろうけど、
この子の存在が、なによりも大切で、かけがえのないものだって感じてたんだな。

娘へのそんな気持ちを自覚しました。

この経験が、今でも私が育児する上でかなり重要な役割を果たしている気がします。
どんなに娘にギャン泣きされようと、イライラすることはないのです。
むしろ、上手に育児出来ないことを娘に申し訳なく思います。

先日生後2か月を迎え予防接種に行ってきたのですが、既に心雑音はほとんど分からないくらいになっていたそうです。
娘、身長も順調に伸び、体重の増え方もバッチリOKと助産師さんに言われています。

大切な我が子・・・どうか元気に大きく育ってほしい。
ただそれだけ・・・。
作者プロフィール

かしみや

Author:かしみや
富山県産の女子。
前世は猫だと思ってる。
猫好き酒好き寺社巡り好き。
これまでに巡ったところは
こちら

カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブクログ
最近のお気に入りの本や音楽などを随時UPしています☆