気まぐれ猫と、気まぐれな・・・

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち・ドジョウたち」です。富山県産・福岡在住の主婦が、我が家の猫のこと、趣味のこと、 その他日々のよしなしごとを、とにかく気の赴くまま気まぐれに綴ります。

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

式のこととか。

こんばんわ、かしみやです。
しばらくブログ書かないと画像編集とかなんかいろいろ忘れて
手間取っております^^;

今日はケツコン式のことを少々。

はい、ドーン!!(←ドラマ『空飛ぶ広報室』見てて、すっかり口グセ)

披露宴会場に入場するところです。

6/22(土)、私の地元富山での結婚式・披露宴。
当日は朝から日が差したと思ったら土砂降りを繰り返していました。
大雨洪水警報も出ていて、絶望的な気分になっていました。

会場はこちら
周りが田んぼだらけで、電線とかビルとかそんなものが一切見えない会場。
いかにも「富山の自然の中!」といった感じのロケーションでした。
お庭とかもすごく素敵で・・・

だからこそ当日の雨がショックだったし、
九州には台風が迫って来ていて、ゲストの皆さんの移動も心配でした。

fc2_2013-06-30_09-03-55-776.jpg
(ケーキカットシーンです☆)
式は夕方からだったのですが、なんとその時間にはさっきまでの雨が嘘のように晴れてきて、チャペルの外階段を下りて皆さんからフラワーシャワーで祝福していただけました。

式と披露宴の間にはウェルカムパーティーという時間が設けられていて
ゲストの方と写真撮ったりお話したり出来たんですが、
それもも披露宴会場のお庭で♪ガーデンパーティー
一生懸命選んだBGMにも大満足でした

fc2_2013-06-30_09-03-36-912.jpg
(こちらはお色直し後のドレス)
念願の和ドレス着ました☆
和装も少し惹かれたんですが、試着してみるとまぁT童よしみさんソックリw
相方の袴姿はまるで七五三・・・和装はナシとなりました
披露宴も少人数で皆さんと結構お話する時間もあって嬉しかったです。
力作のプロフィールビデオもウケたみたいで良かった良かった

他にも書きたいことは山ほどあるんですが、
如何せん、当事者ゆえにまだ写真がほとんど手元に無いのです。
またアルバム写真のデータが届くころに
当日の記録として日記アップ出来たらな、と思います。

さて、このブログに来て下さる方は猫好きさんが多いと思うのですが。
はい、ドーーーーンっ
P1060144 (400x267)
これ、ウェルカムドールです☆
犬やクマのウェルカムドールはいろんな種類があるんですが、
猫ってなかなかなくて・・・

やっと見つけたのがこちら

うちの猫たちに似ている模様の子たちで作ってもらいました。
式が終わった現在、我が家の玄関先に鎮座ましましております。
うん、我ながらどんだけ猫好き、
どんだけ親バカ

とりあえずダーっと駆け足で式の紹介でした☆

| 未分類 | 22:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご報告、その②

ご無沙汰しております、かしみやです。

ファルコンが☆になってしまったことへの追悼記事、
そして先週末の自分の挙式・披露宴のこと、
最近の猫たちのこと、琥珀が1年に1度のワクチンをつい先日うったこと、
琥珀も珊瑚もそれぞれ誕生日を迎えて2歳と1歳になったこと、などなど。

ブログに書きたいことは山ほどたまっています。
式も無事に終わり、また以前のような頻度でブログをアップしていきたいと思っています。

しかし、まずはファルコンの追悼記事を書かないことには
前に進めない・・・そう思っていました。

が・・・

ファルコン亡き後の水槽ではミラクルが起こっていたのです。


こちらをご覧ください。



分かりますか?後ろで泳ぐ魚×2はムシして、画面の中央にご注目ください。
水槽の中の円柱状のプラケース(100均購入の水槽)の中に
先のように動く白い生物。

アカヒレのタケオとノリコの子供です!!!
ふと水槽を見たとき、キラっと光る白い影。
ゴミにしては動きがおかしい・・・ボウフラか??

よく見たら・・・

稚魚~~~~~~~~~~!!
Σヽ(゚Д゚○)ノ


シマ子さんもファルコンもいなくなって、
残された小魚のノリコとタケオも
静かに短い一生を終えるんだろう・・・そう思っていたのですが、
なんと卵を産んで、しかもそれが孵っていたなんて・・・

きっとファルコンがいたときは卵の状態ですぐに食べられてしまったのではないかと思います。
それがファルコンが☆になってしまったことで、卵から孵る確率がアップしたのではなかろうかと・・・

そう考えると・・・ファルコン、
自分の短い命を終えたことで、次の命を育んだんじゃないかなと
思ってしまいました。

こちら、最後となったファルコンの写真です。
2013_06_07_09_39_38 (400x240)

大好きだったファルコンが居た、その水槽で生まれた命。
絶対大切に育てたい。

まだ数ミリサイズの小さな小さな命です。
とりあえず3匹の稚魚を確認していますが、
小さな水槽、、、3匹とも無事育つかどうかまったく分かりませんし、
自信もありません。

それでも、大切に大切に見守って、出来る限りのことをしていきたいと思います。
ありがとう、ファルちゃん。
私、もう少し、頑張ってみるよ♪

| 未分類 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ご報告。

お久しぶりです、かしみやです。



突然のご報告になってしまいますが、

ヒドジョウのファルコンが☆になってしまいました。



あまりに突然のことで、私自身・・・

自分でも驚くくらいショックを受けています。



3年目に突入して間もないところでのファルコンの死、

どのように受け入れたらいいのか分かりません。



ただこちらのブログでファルコンのことを応援してくださった皆様には

お知らせしたいと思いました。



詳しいことはまた近いうちに記事にしたいと思います。

まずはファルコンのことを応援していただいて

本当にありがとうございました。





かしみや

| 未分類 | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大好きな1冊になりました。~『旅猫リポート』~

こんにちは、かしみやです。現実逃避中です。
現実逃避に6月になったし、ブログスキンを桜から
緑の爽やかなデザインに変更しました。

式まであと20日です・・・背中をイヤな汗がだらだら流れております・・・
不安だー、不安だー、準備整ってないこといっぱいだー(-"-)
だー。

だー・・・。(←壊れた、いや、とっくの昔から壊れているか)

とりあえず現実逃避にアップテンポな明るい曲を聴いています。
ここ数日のもっぱらのお気に入りはTaylor Swiftの『We are never ever getting back together』


このアルバムに入っている一曲で、意味は・・・

「絶対によりは戻さない」


一応結婚式直前である私が聞いていい曲かどうかは不明だけど、
テラスハウスって番組の主題歌にもなっていて、
この可愛いメロディーを耳にした人は多いはず。

でも今日紹介したいのはこの曲じゃなくて・・・
タイトルの1冊。

『旅猫リポート』有川浩


少し前にひょんなことからこの本の存在を知り、
Amazonで立ち読みしてすごく読み易そうで「読みたい」
と思ったけど、購入をすごくためらった一冊です。

何故ためらったか。

絶対泣く、それも半端じゃなく泣く。
一度読み始めたら止まらない、翌日まぶたがどえりゃーなことになるまで
泣き続けながらそれでも読んでしまう。

そもそも動物ものが苦手な私。(感動して泣きすぎるから)
小学生の時に夏目漱石の『吾輩は猫である』を図書室で借りようと、
そして最後どうなるのかが気になって、エンディングを先に覗き見して・・・
猫が溺死してしまうシーンにショックを受け、結局もうすぐ30歳になるこの年になっても未だこのトラウマのために超名作日本文学を読めずにいます。

この『旅猫リポート』は、『吾輩は猫である』の比じゃないくらい
ボロボロに号泣するだろう。絶対そうなるって分かっていたから
買うのをためらいました。

それでも本屋で立ち読みして、その時点で相当涙腺が崩壊していて、
「あぁ、もぅっ!!」と思いながら買ったのが昨日の昼過ぎ。

・・・結局数時間で読破。

涙腺、崩壊。
ティッシュ1箱使い切るのか私は・・・というくらい泣き続けながら読みましたよ。

主人公のナナ(オス猫)はひょんなことからサトルという男性に飼われることになります。
しかし5年後、ある事情からナナを飼えなくなったサトルは
ナナを引き受けてくれる人を探して、ナナと一緒に旅に出る。
そしてサトルが育った町や農村、そこで会う人たち・・・
猫のナナ君もその旅を通してサトルの過去を知っていく、そんなお話です。

いかんやろ、猫飼いにこの設定・・・。そら絶対泣くわ。

それでも自分の愛猫を改めて本当に大切に思える、
愛おしくて愛おしくてたまらなくなってしまう、
読んで本当に良かったと思わせてくれる1冊です。

サトルが猫を飼えなくなった事情、過去のいろんな出来事、
それを静かに見守るナナ。
あぁ、ブログ書きながら思い出して、また涙腺崩壊しそうです。

号泣必至ですが、私の大好きな1冊になりました。
オススメしちゃいます。

| 未分類 | 13:52 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |