気まぐれ猫と、気まぐれな・・・

ブログタイトル変更しました。旧タイトルは「うちの猫たち・ドジョウたち」です。富山県産・福岡在住の主婦が、我が家の猫のこと、趣味のこと、 その他日々のよしなしごとを、とにかく気の赴くまま気まぐれに綴ります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

携帯が変わりました。

先日、2年以上使っている携帯電話が、急に充電出来なくなりました。
携帯依存症のかしみや・・・死活問題です。

ショップに駆け込んだところ、充電出来なかったのは、
一応は充電器側の問題だということが判明しましたが、
電源キーが以前から割れていて、テープで押さえている状態だったので、
その修理を依頼しました。
何せ携帯なんざ、2年以上過ぎれば、メーカーにも在庫がなくなり、
今のうちに修理しとかないと、数年後にはサポートも終了しますからね。

私の携帯で外せないポイント、全て持っている機種が
もう売られていないのですよ。

悲しいかな、修理に出す際は、携帯を初期化します。
修理の間、代替機を使っていたのですが、
これまで同じ機種なのに、初期化されたものを渡されたので
1から設定しなおし。普段使っているアプリをいろいろ立ち上げては
機種変更のための設定をします。これが面倒!!
同じ見た目で、データ移行出来た部分もあるので、
なんだか、見た目が全く同じ別人がなりすましで私のところにやってきたような変な感じでした。

数日後。
送られてきた修理見積もりみて驚いた。

破損したボタンの交換と、
USB接続部分の腐食によりその周辺を交換・・・


しめて、2万1千円也!


だーらーぼーちー!∑(゚Д゚)
←思わず富山弁出たわ、アホー!って意味です。

しかし、変わる機種がないなら修理してもらうしかないと思っていたところ、
これまで使っていた機種の1年後に発売された機種であれば、
機能はこれまでと全く同じで、それに修理の場合の4分の1ほどの金額で交換できるということで・・・

悩んだ挙句、1世代後の機種に変更してもらいました。

・・・今度は、白い機種だったのが、
真っ黒な機種になりました。
日焼けした別人が帰ってきた・・・。でも、話すとよく似てるよね、みたいな。
でもこれまた初めましてなので、一から色々設定せねばならず、
ここ数日、携帯とにらめっこしています。

修理キャンセルした機種も、そのうち手元に帰ってくるのですが、
このこも初期化しているので、記憶喪失になっています。
まぁ、この子はショップに引き取ってもらうのですが。

今回痛感したのですが、スマホって、いろんなアプリを入れて、
自分にとって最も使いやすいデバイスにカスタマイズ出来るけど、
半面、何かあったときは、とにかく機種変更のための設定が大変。

便利なものを使いこなすには、それなりに手間かけたり、
知識もったりしなきゃならんのよねー。
勉強になりました。


・・・大事に使おう。

| 未分類 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やはりこの味噌♪

P1210795 (400x300)
我が家の味噌。
以前実家の母に送ってもらったものです。
もうすぐなくなりそう・・・

やっぱり、味噌はこの日本海みそでなきゃ。

味噌は、美味しいかどうかじゃなく、
舌に馴染んだ味かどうか、なんですよね。

あ、日本海みそは美味しいですよ?
ただ、もっと高級な美味しい味噌とかもあると思うんです。
でも、そういうのは毎日の味にしたいとは思わないのです。

朝作るお味噌汁は、たいていなめこと豆腐のお味噌汁。
お味噌汁はなめこだべ~!

母上・・・そろそろ味噌送ってくれろ~。

以上、ネタ切れによる簡単更新でした。

| 未分類 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイムリープした話。

こんばんは・・・
今日もやらかした話です・・・。

えっと・・・いつの頃からか私・・・




今年は2018年だと思ってた!




ヤバい、ガチでヤバい!!
いつから?いつから勘違いしてた??

少なくとも3週間くらい前から2018年だと思っていた記憶がある・・・。

スーパーで安売りのキャンディー買う時、ふと賞味期限みて、
「2018.11.25」と、書かれていて←日はテキトー
「やだ、これキャンデーなのにあと1か月しか賞味期限ないじゃん。
賞味期限近いから安売りされてんのね」
と思った記憶が鮮明にあるわ。

〇ニクロでキッズのモニター商品をネットで応募して、
子どもの生年月日入力するときに、
「?あれ?うちのこ、2015年生まれよね?え、でも2歳だよね?
 ・・・2016年生まれだったっけ?」
と自分の記憶を捻じ曲げて、2016年生まれって入力したわ。

他にも、何か書類とかに記入日書いたときに
2018年って書いた記憶があるわ・・・。


怖っ!
自分の脳の腐敗具合が怖っ!!

過去にも同じことをやらかしたことがあって、
その時は11月頃年賀状作成に取り掛かっていて、
年賀状は勿論来年の元日と書くじゃないですか。
翌年の西暦を年賀状に書いていて、その数字が脳に強くインプットされて、
今がその西暦だと思い込み始め、実際年が明けたときに、
脳にある西暦+1年してしまい、タイムリープしてしまうという・・・。

しかも、この時仕事していたので、あらゆる書類にタイムリープした西暦書いていたという・・・


今回も、多分、来年の手帳買った頃からタイムリープしたと思われます。

普段、西暦とか曜日とかあまりにも気にしなさ過ぎて、完全にダメな人になってるわ・・・。
このまま気付いてなかったら、2019年って書いた年賀状送るところだったわ。
2年もタイムリープするところだったわ。
猛省・・・。

| 未分類 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『日の名残り』

昨夜、日系イギリス人作家のカズオ・イシグロ氏の
ノーベル文学賞受賞のニュースが日本にも駆け巡りました。

5歳の時にイギリスに帰化している彼のノーベル文学賞受賞に沸き立つ日本人って、ちょっとミーハーな気もするけど。

・・・実は私も喜んでいる人間の一人です。

実は、大学4年の時、ゼミの後期で扱ったのが同氏のThe Remains of the Day
邦題は『日の名残り』でした。
先日部屋を片付けたときに、本が出てきて、懐かしくて読んでいました。

私のお粗末な英語力ではハードルの高い1冊で、
最初の方はとにかくページが重くて重くて・・・T^T
イギリスの名家に努める老執事の語り口調で物語が進むのですが、
執事がいる家の生活やその頃の文化というものが想像できずに、
とにかく苦労しました。

今になって読み返してみて驚いたのが、
出てくる単語は忘れているのに、文章を読んでいくと思い出しました。
それくらい読み込んだなぁ~。

挙句笑えるのが、教員採用試験の1次試験にThe Remains of the Dayから
長文問題が出題されて、本文読まなくても質問に答えられたという・・・

余談ですが、当時、大学で教職課程を履修し、
教育実習まで行かせていただいた手前、すでに教師になる気が無くなっていたものの、
教員採用試験だけは受けなければならない立場になりました。
試験は2次試験で落ちました^^;


ゼミの先生、現在は退任されたそうで、
元気に過ごされているのかしら。
きっとこのニュースに興奮しておられるのだろうな~。
とても穏やかなマダムで、優しい口調で物語の魅力を教えてくださった先生。
授業中に時々ブチこまれる先生の天然発言、
密かに先生の語録としてメモしていたアホな生徒は私です・・・。
先生のおかげでゼミを途中リタイヤすることなく、物語を楽しめました。

そんな思い出に浸りながら、この機会に再度The Remains of the Dayを読んでみようと思います。

しかし、『日の名残り』なんて、なんて素敵な邦題。
懐かしい気持ちいっぱいになりました。
カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞、本当におめでとうございます。

| 未分類 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【旅行記録】久々に島原を訪れました。

社畜の主人は、たいてい日曜しか休みが無いのですが、
先週末は珍しく土曜も休みになりまして、急遽日帰りでお出かけすることになりました。

行き先は“島原”!!
九州で私が大好きな場所の一つで、私は今回3度目です。
娘は初めて。

P1220683 (400x300)

車でフェリー港へ。
スナメリのゆるキャラが出迎えてくれます。

P1220680 (400x300)

霧に包まれて見える目的地。
中央は普賢岳なのかな??
主人は多分そうだって言っていたけど、地理感全然無い私です・・・

P1220698 (400x300)
娘は初めてのフェリー。
強い潮風、船の大きなエンジン音、足元には深い海、白い飛沫。
大興奮でした。
私は娘がポロって落ちないか、気が気じゃありませんでした。

約40分の乗船時間で、あっという間にフェリーは港に到着。
車で移動して向かったのは島原城の近く。

P1220712 (400x300)

晴天でお城もきれいに見えました☆
が、お城が目的地ではなく、お昼ごはん食べるのが目的。
P1220714 (400x300)
姫松屋本店。
島原郷土料理の具雑煮の名店です。

前回訪れたときは、理由は忘れましたが本店に入れず、
別の姫松屋を訪れていたので、本店は初めて。

P1220705 (400x300)
しかし、土鍋で提供されるのは本店も勿論同じ。
久々の具雑煮、めっちゃ美味しかったです、出汁最高!!
娘も出汁のんで「うまいっ!」と親父のように評しておりました。

次に向かったのは、島原の観光地区で、「鯉の泳ぐまち」
P1220751 (400x300)
湧水庭園 四明荘。
縁側のすぐ下が池なのですが、湧き水なので水が透き通っています。
そのため鯉が空中に浮かんでいるように見えます。

P1220733 - コピー (400x299)

浮かんで見えるかな~?
でも、水の透明度は伝わりますかね。

前回はもっと簡単に鯉が浮かんでいるような写真が撮れた気がするのですが、
今回は水面の反射が強くて、なかなか思うように撮れませんでした。
そして、ここを出た後にPLフィルター持っていたことを思い出した大馬鹿野郎は私ですT^T

P1220727 (400x300)

ちなみにここでも、娘がポロっと池に落ちないか、気が気じゃありませんでした。

余談ですが、これまで無料開放されていた湧水庭園四明荘ですが、
今月から¥300で有料化されました。
無料期間の最後に訪れることが出来てラッキーでした。
でも初めて訪れる方は、¥300の価値はあります。

この周辺は「鯉の泳ぐまち」というキャッチフレーズの通り、
水路を鯉が泳いでいます。
P1220841 (400x300)
娘、大興奮!
道路の上に転がっていました。
こんな間近に鯉を見れるところなんて、なかなか無いよね。
でも、ポロっと水路に落ちないか気が気じゃありませんでした←くどいw

近くの観光センターでは、鯉のえさやりに初挑戦。
(えさ代¥100)

P1220807 (400x300)

密集!


P1220812 (400x300)

観光客からエサをもらってまるまる太った巨大な鯉。
かなり大きかったです・・・

娘は「ぽにょ・・・」と言っていました。
この前、金曜ロードショーで「崖の上のポニョ」見たの、覚えていたのね!
こんなところでも娘の成長を感じました。

確かに、ポニョみたいな恐怖感を覚えた鯉たちの食事風景でした。

この近くには足湯もありました。
P1220852 (400x300)
今回は日帰りだったので、温泉は最初から諦めていたけれど、
足湯だけでも体が温まってとても気持ち良かったです。

ここでも娘がドボーンと飛び込まないか気が気じゃなかったのですが、
案外空気を読んでくれて、足だけ浸していました。
「上がるよ~」と言われて嫌がって、最後にバシャバシャしてくれましたが^^;

最後に訪れたのは、今回が初めてのこの場所。
P1220872 (400x300)
島原の人気スイーツ“かんざらし”の名店「銀水」

2代目のおばあさんが長らく一人で切り盛りされていたそうなのですが、
亡くなられてお店も閉店していました。
それが、地元の熱い声を受けて、再度オープンしたというニュースは
福岡にも流れてきました。以来、絶対行きたいと思っていたのです。

そばには浜の川湧水があり、こんな洗い場がありました。
P1220875 (400x300)

P1220879 (400x300)

生活に使える湧水の洗い場・・・贅沢~!!
本当に住宅地の中にポンっとあるので、ここらに住んでいる方が羨ましいです。

P1220881 (400x300)
お目当てのかんざらし!
白玉はもっちもちです!
甘めのシロップは、最初に供されるお冷の氷を入れて、
自分好みの甘さに調節するのが昔からのツウの食べ方なんだとか。

小さいな白玉ですが、娘は喉に詰まらせたら怖いのでおあずけ。
かわりにアイスクリームを食べてご満悦でした。

P1220895 (400x300)
店員さんが快く店内の風景の撮影を許可してくださり撮った1枚。
カウンター席は目の前に水槽?があって、そこにシロップやドリンクが冷やしてありました。
素敵すぎる!!

そして、閉店時間まで1時間半くらいあったのに、私たちでかんざらしが売り切れ!
人気をうかがい知ることが出来ます。
食べられて良かった~。゚(T0T)゚。感涙

そんなこんなで、美味しいものを食べて、美しいものを見て、
心の洗濯が出来ました。

が、この後、フェリー港へ向かっているとき、曲がらなければならない所を通り過ぎ、
気が付くのが大分遅れてしまい、
主人が挙動不審になり始めたころには、雲仙市内をひた走っていました。
慌ててUターンし、1時間に1本のフェリー、出航時間数分前にギリギリ港に到着しました。

お土産見る時間が無くなってちょっと残念でした・・・

P1220951 (400x300)

フェリーから・・・日は沈む手前。

P1220944 (400x300)

甲板からは白い月も見えました。
この写真だと、右上に白い点がチョロっと見えますかね・・・?

子どもが小さいと、ちょっと遠出するというのがとてもハードル高くなりますが、
今回は私のわがままでこうしてお出かけできて、とても嬉しかったです。
また日帰りでいいから、家族でお出かけしたいな~♪

長らくお付き合いいただき、ありがとうございました。

| 未分類 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT